レイチェルワインの色選び

レイチェルワインの色は現在12色あります。(2019.10現在)

つい最近まで11色だったので、これからもどんどん増える可能性があります。(最近増えたのは”シャンパン”)

今回は、ちょうど中間の色を6色ピックアップして、比較してみようと思います。

まずは、レイチェルワインのカラーチャートを見てみましょう。

そして、今回比較するのはこの6色です。

 

肌の上に塗ってみた画像はこちらです。

左から2色ずつ、ピンク系、中間、イエロー系と並んでいて、その2色の左側が明るい色で、右側が暗い色・・・という順番で並んでいます。

 

レイチェルワインの標準色は、”ベージュ”ですが、カラーチャートでちょうど真ん中くらいの色が"オパール”という色になります。

色が、全体的に黄味がかっているので、個人的には、オパールが標準色と言っていいんじゃないのかな?と思いました。

オパールと明るさがだいたい同じくらいなのが、イエロー系の”ベージュ”とピンク系の”ヌーディ”になります。

私の肌は少しだけピンク系寄りなので、ヌーディが合うような気がしましたが、実際使ってみると、けっこう黄味の強い色でした。

写真の左側2色はピンク系なのに、ヌーディは黄色っぽいですよね?

あとは、まぁ、カラーチャート通りかなと思います。

6色使ってみた中では、肌にぴったりと合ったのは”ナチュラル”で、この色しか近いものはなかったです。

  • ナチュラル ー 6色の中で唯一”ピンク系”と感じる色、明るさは普通くらい
  • ヌーディ ー ピンク系でありながら若干黄味を感じる色
  • ブロッサム ーどちらかというとピンク系に寄っている感じ
  • オパール ー 私が標準色にするなら、オパールです
  • ブロンディ ー 6色の中では一番明るい色、肌をトーンアップしてくれる
  • ベージュ ー 黄味のある中間色、色は若干暗め、肌のアラを隠してくれる

色選びは、ナカナカ難しいですが、参考にしてみてくださいね!

レイチェルワイン 「ミネラルメイクアップ トライアルセット」はこちら

 

Copyright© 50代のミネラルファンデーション選び , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.