ベアミネラル CR ティンティッドジェルクリーム

ベアミネラルは、ミネラルファンデーションを最初に作ったと言われています。

最初は、手術後や火傷痕にも使える化粧品として使われていたそうです。

ベアミネラルといえば、オリジナルファンデーションが一般的かなと思います。

ミネラルファンデのファンなら、一度くらいは使ったことがあるファンデーションなのかなと思います。

ですが、今回は、オリジナルファンデ―ションではなく、ジェルクリームのレビューをしたいと思います♪

ベアミネラル CR ティンティッドジェルクリームとは?

CR ティンテッド ジェル クリームは、発売当初は、BBでもCCでもない、新しいベースメイク、というような紹介がされていたベースメイクアイテムです。

現在のものは、2代目になっており、1代目のものよりも水系の成分が多くなっているそうです。

CR ティンテッド ジェル クリームの特徴

  • SPF30・PA+++
  • 35ml 4,400円
  • 水系成分を50%以上含む、みずみずしいウォーターベース
  • ミネラルとグロブラリアコルジホリアカルス培養液により、ハリ感や透明感、ツヤの三拍子揃った肌を作る
  • スキンケア成分をミネラル化したイオンウォーターに閉じ込めた「ミネラルイオンジェル」で顔料をコート
  • スキンケア成分として、オリーブ由来のスクワラン、アッケシソウ、グロブラリアコルジホリアカルス培養エキスなどを配合
  • ファンデーションとして下地として、使い方は自由自在

色は8色です。

【色見本】

使ってみた感想【レビュー】

ミネラルファンデは、基本のルース状のミネラルファンデよりも、「リキッドやクリームタイプの方が使いやすい」という方は多いんじゃないでしょうか。

私も同じで、固形のパウダリーだったり、クリームの方がやっぱり活躍度合いが違うと思います。

色は【バニラ02】

このCR ティンテッド ジェル クリームは、塗った感じは”ほとんど素肌”という感じです。

「なんだそうか・・・」と思うかもしれませんが、このベースメイクの最大の特徴がソコな気がします。

最善の使い方が、スキンケアのようにざっと塗ることじゃないかなーと思います。

お化粧をしてる感じがまるでないけど、すごく整った素肌になれる。

なので、ある程度、肌に悩みがある人じゃないと、CR ティンテッド ジェル クリームの良さはわからないかもしれないです。

 

私は、近所の温泉施設によく行くんですが、帰りは乳液塗って、コレをぱぱーっと塗って帰ります。

そのときはそれほど感じないんですが、帰ってきて鏡を見ると、すごくいい感じの肌に整ってる。

温泉の帰りに必要なのは、すっぴんだけど、あまりアラが見えないこと。

それから、お肌の外線やホコリなどからの保護です。

あとは、石けんで落とせることもポイント高いです。

こんな使い方がしたくて、このファンデを買ってみる、という方は非常に少ないかもしれませんが・・・

逆に言えば、ピンポイントで、「ほぼ素肌に見え、見た目をある程度整えてくれて、石けんで落とせるファンデが欲しい」という方にはドンピシャな商品だと思います。

 

シミ等はあまり隠せませんが、ボカシてくれます。

ミネラルファンデの下地としても使いやすそうですよね。

実際、オリジナルファンデーションの下地として使ってみましたが、仕上がりの感じはカバー力が増すのですが、少し重めな感じがしてしまいました。

ですが、スルスルと伸びて、肌補正もしてくれるので、パウダー状のミネラルファンデを乗せる前のステップとしては、ストレスなく取り入れられそうです。

CR ティンテッド ジェル クリーム b 商品はコチラ

 


ベアミネラル オリジナル ファンデーション

2020/12/21  

ミネラルファンデの発祥はベアミネラルと言われているんですが、どうなんでしょうか。 ミネラルファンデも、BBクリームと似たような開発理由で、皮膚科の治療の後でも安心して使える、お肌の保護や見た目のカバー ...

Copyright© 50代のミネラルファンデーション選び , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.