ベアミネラル オリジナル ファンデーション

ミネラルファンデの発祥はベアミネラルと言われているんですが、どうなんでしょうか。

ミネラルファンデも、BBクリームと似たような開発理由で、皮膚科の治療の後でも安心して使える、お肌の保護や見た目のカバーなどを目的としたベースメイクのようです。

お肌が弱いという理由で、ミネラルファンデーションを使っている方も多いと思います。

 

10年ほど前は、ベアミネラルって「味気ない、面白くない」というイメージを勝手に持っていました。

コンセプトやパッケージから見ても、なんとなく華やかさがない感じがしていたからです。

でも、それから10年程経ち、大きなデパートの一角にお店を構えたベアミネラルに行ってみて、一気にファンになってしまいました。

想像していたよりもずっと現代的で、楽しい!

色もアイテムもツールも豊富で、メイク好きさんなら、きっとトキメいてしまうような華やかさがありました。

今では、ベアミネラルに行くと、欲しくなってしまうものがたくさんあるので、あまり近づかないようにしています(^-^;ゞ

では、ベアミネラルのオリジナルファンデーションを詳しく見ていくことにしましょう!

 

ベアミネラル オリジナル ファンデーションの特徴

  • 5種類の鉱石(ミネラル成分)のみ配合
  • 肌への負担を考え、軽やかで優しいつけ心地
  • 光を拡散して、輝くような若々しい印象に
  • つややかで透明感のある仕上がり
  • パウダーなのにクリーミーなテクスチャー

ベアミネラル オリジナル ファンデーション は、5種類の鉱石のみ(オキシ塩化ビスマス・酸化亜鉛・マイカ・酸化チタン・酸化鉄)でできた、究極のファンデーションです。

パウダーのみなのにクリーミーなテクスチャーという特徴を持っています。

色数が豊富で、12色あります。(2020年12月現在)

お肌を保護するために、毎日使うものとして、メイクアップの役割だけでなく、お肌の健康や環境にまで配慮したファンデーションです。

購入した色は、フェアリーライトです。

色見本はこちらです

 

使ってみた感想【レビュー】

オリジナルファンデーションは、買ってから、コレじゃなかった・・・と思ったことがありました。

ベアミネラルのルース状のファンデには2種類あって、オリジナルと、マットというのがあります。

 

使ってみて失敗したと思ったのは、ミネラルファンデ独特のツヤです。

私の肌にはこのラメっぽいツヤが似合わないので、ミネラルファンデは、必ずマットなものを選んでいたからです。

ということで、オリジナルの方は、ちょっとだけラメが気になります。

ですが、他は満点と言えるくらい仕上がりは良いです。

色は、フェアリーライトです。

ビフォーアフター画像はこちらです。

なんか、ファンデを塗っている感もちゃんとありますし、ツルンとした肌に仕上がってます。

カバー力もあり、ナチュラル感もあり、肌が綺麗な人という感じまで仕上げてくれます。

 

私は、パウダリーファンデなどをしっかり塗って陶器肌を作ろうとすると、かなりおばさんっぽくなってしまうのです。

が、ベアのオリジナルファンデーションを使うと、陶器肌と言っていいくらいの仕上がりで、わざとらしさがなくてありがたいです。

最初は、それほど良さをわかっていなかったのですが、下地を使うようになって、評価がグッと上がりました。

 

ベアミネラルの下地は透明のジェル状なんですが、付けるとちょっとオイルっぽいような感触で、表面がサラっとなります。

ベアミネラルの下地

凹凸も整えてくれているみたいです。

コレを少々のばしてから付けると、例えば、手持ちの日焼け止めなんかを下地にしてから使うよりも、3倍くらい綺麗な肌になります。

下地って大事なんだなとしみじみ思った瞬間でした。

 

とくに、ミネラルファンデーションは下地が重要みたいで、皆さんのクチコミを総合すると、肌をサラサラにしておくことが大事ということです。

なので、専用の下地じゃなくても、基礎化粧品を使ったあとは、ベビーパウダーなどでサラサラにしておくといいようですよ。

ベアミネラル オリジナル ファンデーション 商品はコチラ

 


ベアミネラル CR ティンティッドジェルクリーム

2020/12/21  

ベアミネラルは、ミネラルファンデーションを最初に作ったと言われています。 最初は、手術後や火傷痕にも使える化粧品として使われていたそうです。 ベアミネラルといえば、オリジナルファンデーションが一般的か ...

Copyright© 50代のミネラルファンデーション選び , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.